News

地域に飛び出す公務員を応援する首長連合 発足!

地域に飛び出す公務員を応援する首長連合

今日(3月17日)発足!


○ 代表 古川 康 (佐賀県知事)からのメッセージ

○3月9日付けメッセージ
首長連合のパンフレットができあがってきた。表紙に参加メンバーの写真があるけど、これがなかなかいい。僕のことはさておくとしても、それぞれの首長の表情がやわらかくて、慈愛に満ちたご表情をしておられる。僕らの場合、こういうところに載せる写真はいくつか候補があって、その中から場に合ったものを選ぶのだが、きっとみんなこの首長連合のイメージに合った表情のものを選んでくれたに違いない。
表紙の顔写真を見ているだけでも、いい仲間に集まっていただいてもらったなあと思う。そして何かを始めることができるのではないか、とも思う。

僕はかつて長野県庁にいたとき、職員仲間と一緒になって「現代信州の基礎知識 Hamidas(ハミダス)」という本を出版したことがあった。その年の長野県内での本の売り上げでダントツのトップになるくらい売れた。ちなみに二位が石原慎太郎、三位が村上春樹だった。この本のおかげで僕は「はみだし公務員」と呼ばれるようになったが、まあ、そのとおりになったということだ。
国家公務員の仕事でも、PKOでアンゴラやカンボジアに行ったり、地域振興券発行事業の実務責任者をやったり、ほんと、公務員の仕事のメインストリームではない、アウトコースぎりぎりの、寄席でいえば色物の仕事をずっとしてきた。
でも僕はこういう仕事が大好きだった。現場があったらからだ。生きものだったからだ。まあ、変なやつと思われていたでしょうけどね。
だから、かもしれないけれど、僕は飛び出す公務員に自分と同じ匂いを感じる。だいたい白い無地のシャツを着てないイメージだな。

とにかく楽しみ。いろいろやっていきましょう。
ということで飛び出すブログのはじまりはじまり。
あまり「役に立つ」「ためになる」ことを求めない「書き散らし」ブログにしましょうね。

代表の古川 康(佐賀県知事)でした。


○3月15日付けメッセージ

首長連合は粛々とスタートさせて、いま災害支援でがんばっている職員を応援しましょう。仕事だけでなく、プラスワンでがんばっている職員もいるはずですから。


○ 地域に飛び出す公務員を応援する首長連合のパンフレット
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です